要素を把握して関心をひく志望動機書を書こう

面接にも大きく関係する

志望動機書は面接にも関係してきます。志望動機書の構成をしている内に自分の考えをまとめることが出来るようになりますし、様々な考えが浮かんでくるので、面接の質疑応答の準備を行なうことも出来るのです。

志望動機は将来を見据えて書こう

勉学

なぜ志望したのか

志望動機書を書く上で始めの文章は志望動機を書く事が多いです。なぜ志望したのかを書いていくのですが、それと合わせて何をしたいから選んだという、動機の結びつけを行なうとよりいいでしょう。動機の結びつけを行なって始めの文章を書き出すことで、志望動機書をより読みやすくなりますし、面接官や担当者の興味も引き付けることが出来るようになるでしょう。

何がきっかけなのか

目指したいこと、やりたいことを始めに書けば、次に書くことは理由やきっかけです。目標を持った理由や何がきっかけで目指しているのかを書くといいとされています。面接官や担当者も理由やきっかけがあれば、どんな思いで志望してきたのかが分かるので採用の基準として判断しやすくなるのです。きっかけを長くしすぎてしまわないように気をつけるようにしましょう。

自分のアピールをする

志望動機書に目標やきっかけを書くだけでは、受験者の性格や中身を理解することが出来ません。そのため自分が何をしてきたのか、どういった取り組みで何を感じてきたのか、という自分の考えを書き出す必要があります。この文章によって面接官や担当者は人間性を知ることが出来るのです。目標ときっかけがあっても、何も取り組んでいない人と何かしらの努力をしている人では圧倒的にイメージが変わってきます。

具体的な目標を書く

志望動機書の始めにも書いた目標を、再び書き出すと印象付けに繋がります。目標を再び書く場合には具体的に書き、その志望校で何を行なっていくのかを書くといいでしょう。この時、志望校の特色に関わることを混ぜつつ文章を構成していくと好印象になります。しかし、他の学校でも出来ることを書いてしまうと特別感がなくなりますので、注意するようにしましょう。

文章構成力よりも

文章構成力は自然と練習していくことで身についていきます。志望動機書を上手に構成するためには、その志望校のリサーチと情報収集が必要なのです。文章を構成するために情報が必要になりますし、情報が足りないと感想文みたいになってしまうので注意すべき部分になっています。うまくバランスを取りながら、構成を行なうことで周囲と差をつけることが出来る志望動機書を完成させることが出来るのです。